退屈をぶっとばせ!山形音楽総合サイト『ダズル』

ARTIST | INTERVIEW-BAND LIVE

全国的に活躍し、注目度NO.1バンドFRIDAYZが現在も酒田市を拠点に活動をする真意に迫る

DISCHORDからJ-POPまで音楽をこよなく愛するハイテンションでファニーな5人組。

全国的に活躍し、注目度NO.1バンドFRIDAYZが現在も酒田市を拠点に活動をする真意に迫る

By: blink | Oct. 10, 2012 | 22470 views

―まずはメンバー紹介をお願いします。

Vo.KENTA FRIDAYZ 以下K)VoのKENTA FRIDAYZです。地元の好きなスポットは酒田hope(my home)。バンドはAKMとYASと高校の軽音部で結成。16年前になります。
Ba.AKM 以下A)BaのAKMです。地元の好きなスポットは自分が生まれた離島の飛島。ここ最高です。自分も同じく16年目。
Dr.Yas 以下Y)DrのYASです。ドラムなら俺にも出来そう!と思って高校で軽音楽部に入ったのがきっかけなので、16年目です。
Vo.HORI FUTURE 以下H)ボーカルのHORI FUTUREです。趣味は映画を観ること。撮影すること。バンドを始めたのは11年くらい前になります。FRIDAYZ初期メンバー。
Gt.TATSUTO 以下T)ギターの山口です。釣りと自然をこよなく愛する男DEATH。学祭DEATH。今年で丁度10th anniversaryになります。

―FRIDAYZさんが現在に至るまでで一番苦労したこと、やり続けて良かったと思ったことを教えてください。

K)自分たちは地元酒田に拠点を置きながら、全国へ発信していくってことを常に意識してきたのですが、やっぱり距離や情報のタイム感など物理的な問題に苦労しました。 でも苦しみながらも自分たちのローカリズムを模索して今に至ります。今は地元でも他のツアー先でもライブで最高の瞬間を見ることが出来て本当にやり続けてよかったなと思います。
H)自分は、苦労っていう言葉が心の底から出た瞬間はFRIDAYZが初めてアルバム発売するって決まった頃くらいでしたね。CDが出る前までは、LIVEでとにかくがむしゃらに暴れて叫びまくっていただけなので、「聴かせる」っていう意識を持ってから凄く考える事が増えて苦労しました。 やり続けてよかったって思う事は、LIVEが終った後に共演してくれたバンド仲間や、お客さんに「よかったよ!楽しかった!」とか言ってもらえた時によく思います。単純だけどこれが1番です。あとは、昔から自分が憧れていたバンドと共演できるイベントがあった時も感じます。「俺やったぜ」みたいな!

―LIVEに絶対欠かせないものと言えば?

A)出番前には必ず楽器を弾くようにしています。本番で指まで攣ったりしますから(笑)。
T)気合いと飲酒でござる。
Y)ライブ前はお腹が痛くなるので、トイレに行きます。

―FRIDAYZさんにとって音楽とは?また、地元酒田市に拠点を置き続ける理由を教えてください。

K)衣食住と同じぐらい自然なものです。自分の街で自分たちの音楽をやるのも凄く自然なことで、疑問は持ちませんでした。
H)地元は酒田です。ここに拠点を置く理由は、好きな場所で好きな音楽をやりたいからです。
T)酒田CITYは自分理想の街であり、生まれ故郷です。ここでやる意外の選択肢が自分にはありません。

―今後の展開を教えてください。

K)これからもここ酒田を拠点にアルバムを作って全国ツアーをしていきたいし、全国のいろんな場所で自分らの企画をやっていきたい。逆に、FRIDAYZのライブを見るために酒田に全国からもたくさんの人に遊びに来てもらいたい。 集大成として近い将来自分たちの街で自分らの手で創る音楽フェスもやりたいですね。

―最後に読者の皆さんへ”ひとこと”お願いします。

K)もっともっとやったりますんで、見ててくださいなー!
H)このフリーペーパーがきっかけでアナタとの素晴らしい出会いが待っているかも…LIVEで会いましょう!
T)是非とも音源だけでなくライブにも来て下さい!ペロペロ~!
A)今作は本当に自信作です!ツアーも沢山の場所に行かせてもらいますので是非会場に来て一緒に楽しみましょう!
Y)酒田、ツアー会場で待ってます!

fridayz_0

DSC_3694-s

DSC_0098_s

fridayz_7

fridayz_6

fridayz_5

fridayz_4

DSC_0264_s

fridayz2012_2-s

fridayz_2

fridayz_1

fridayz2012-s

1st_LOCALISM

2NDCD_HOPE