退屈をぶっとばせ!山形音楽総合サイト『ダズル』

ARTIST | INTERVIEW-BAND LIVE

山形のバンドで山形のシーンを創り上げる
信念と共に鳴らす時代に左右されないパンクロックshe turns me on

メロディックパンクを軸にした音楽で山形を中心に活動中。ライブの爽快感と一体感は必見!

山形のバンドで山形のシーンを創り上げる 信念と共に鳴らす時代に左右されないパンクロックshe turns me on

By: 酒井健太(FRIDAYZ/酒田hope) | Oct. 10, 2014 | 15275 views

―今回は湯ノ音2014で大役を終えたばかりのshe turns me onのGu.Voタカヒロさんにインタビューご協力いただきました。

早速ですが結成までのいきさつをおしえていただけますか?

結成は2009年です。今年で5年目ですね。前身バンドのCruyffturnからGu.Choのアイタシンヤと結成しました。前から知り合いだったDrのタッキーがちょうど東京から帰って来るということで、他から声かけられる前に誰よりも先に誘って。Baのヤスは暇そうだった弟を誘ってメンバーが決まりました笑。

―昨年より上山で野外フェス【湯ノ音】を開催されていられますが、開催にいたった経緯や、思いなどを聞かせてください。

これはshe turns me onが主催な訳じゃなくて、地元の上山市で音楽の力を借りて何かやろうと、同じ上山出身のdinner尾形と共に湯ノ音プロジェクトという団体を立ち上げてやっているフェスです。自分自身のバンドで色んな地域にライブで訪れた時に、ライブハウスの無い土地でも音楽を鳴らしている人達の情熱や努力に直に触れ感化されたのがキッカケですね。それこそ山形で言えば酒田、新庄、米沢の仲間達の存在も大きいですね。そして、音楽に特化したフェスを開催することによって上山市に多くの若者に訪れて貰って上山市の良さやPRのお手伝いが出来たらイイなと始めました。

―湯ノ音は出演陣がオール山形で固められていますが、そこにもこだわりがあるのでしょうか?

まずは山形にもすごいバンドが沢山存在するということを知ってもらいたいから。テレビや雑誌なんかでバンバン活躍している有名なアーティストも当然素晴らしいんだけど、まだまだ山形から全国で活躍してるアーティストも沢山いるし、ライブハウスに足を運ばないと知り得ないバンドを、山形のシーンで活動している我々だからこそピックアップして、まだライブハウスに行ったことのない人たちが山形の各地にあるライブハウスに足を運ぶキッカケになる様なフェスを目指しています。地元のバンドが盛り上がれば必然的に全国から山形に目を向けられる事になりますからね。

―そうですよね。自分も湯ノ音がきっかけになった出会いもたくさんありますし、最近「山形すげーな!」って言葉もよく聞かれますよね。実際に湯ノ音を開催した後、ライブハウスでの活動でも何か変化を感じることはありましたか?

とにかく、湯ノ音行きました!楽しかったです!って声をかけられますね。あと湯ノ音に行ってから初めてライブハウスに来てみました!っていう人もいたので素直にやってよかったなって思いました。あと地元バンドが主になってやってるとあって対バンのバンドから湯ノ音に出演したいです!という声もありますね。特に山形から県外に出てバンド活動をしているバンドからも出演したいとも言われてるので、来年以降はそういう山形から羽ばたいているアーティストの出演なんかも有りかなと考えています。

―タカヒロさんは前身のバンドからもう20年近くも山形のシーンの第一線で活躍されておられますが、バンドを長く続ける秘訣などはありますか?

20年と言われると自分でビビっちゃうよね笑!ただただしつこく粘っこく活動してるだけですよ!自分が若い時に山形を背負って活動していた先輩方の背中を見てきているので、何年か前からは今度は自分らの世代が引き継いで山形を盛り上げるぞ!という気持ちで活動しています。まだまだ先輩方も活動しているので教わりながら、また若手のバンドとも共有しながら活動していきたいですね。
秘訣……。秘訣はバランスですね笑!何事もバランスが大切!

―音楽性も前身のCruyffturn、she turns me onと一貫して海外のパンクシーンを感じさせるような音楽性を貫いていますよね。パンクロックにこだわる理由や、その軸の中でも曲つくりなどで変わってきた点などもありますか?

やっぱり底にあるのは西海岸系の音楽が自分にとってかなり影響を受けたので今でも曲作りにも影響されてますね。というかギターを弾いたりしてると勝手に弾いちゃってる笑。よっぽど好きなんでしょうね笑。作曲で心がけているのは分かりやすくサビは一緒に歌えたり拳を挙げたくなっちゃう様な曲を1番に考えます。

―インタビューありがとうございました!最後にblink読者の皆様に一言お願いします!

湯ノ音もそうですけどまずは自分の住んでいる地域、行ける範囲の中でライブハウスがあるのならばまずは来てみてください!自分はライブハウスで音楽だけじゃなく教わった事が沢山あって今を生きています。カッコ良くて鳥肌立つ様なバンドが山形にはゴロゴロいますよ!そして、she turns me onのライブに遊びに来てください!あなたの鳥肌立たせますよ笑!

image_1

image_3

NOW ON SALE
image
1st mini album
「Get To Stay Up」¥1000

1.Don't Give Up
2.All Over The World
3.Funky Cats Man
4.Like Are K
5.Beside me