退屈をぶっとばせ!山形音楽総合サイト『ダズル』

ARTIST | INTERVIEW-SPECIAL

今最も旬なダンスボーカルグループ「Beat Buddy Boi」(ビートバディーボーイ)さんにインタビュー!

SHUN、akihic☆彡、SHINTARO、SHINSUKE、gash!、Toyotaka、YASS、RYOの8人からなるダンスボーカルグループ「Beat Buddy Boi」
ストリートダンスの世界大会で優勝経験をもつダンサー7人による世界レベルのダンスと、クリアなマイクパフォーマンスと独自のフロウで魅せるSHUNのラップが融合した、日本のみならず世界中で活躍しているダンスボーカルグループ。

今最も旬なダンスボーカルグループ「Beat Buddy Boi」(ビートバディーボーイ)さんにインタビュー!

By: blink | Dec. 20, 2016 | 1615 views

「B-BOIスクランブル」MusicVideo

BBB_0469

BBB_0494

BBB_0674

ーラッパー(ダンサー)を志したきっかけを教えてください。

SHUN:始まりはダンスに興味があって、親に頼んで習わせてもらって1、2年ぐらい色んなジャンルを勉強してて、最終的にHIPHOPにどハマりしました。
それである時、自分がよく踊ってたラッパー達のライブ映像を見る機会があって、そこでまずファッションやライブでの立ち振る舞いを見て、その瞬間にラッパーになりたいって思いましたね。
唯一自分ができるもので成功して、スーパーカーに乗ってゴールドのジュエリーをつけてライブをしてっていう表現の仕方が凄くクールだなと思いました。

ー「Beat Buddy Boi」さん誕生の秘話は?

SHUN:元々Beat Buddy Boiは7人のダンスチームだったんですが、そこにソロのラッパーとしてやってた僕が加入して現在の8人体制になりました。
元々僕もダンスをしながらラップをするスタイルでライブしてたっていう事もあって、一度僕の楽曲でBBBをFeatして一曲作った事がきっかけだと思います。
そこからお互いのライブに出たり出てもらったりする機会が増えていき、これが1つのグループになればかなり面白い事が出来るんじゃないかと確信して、そこから僕が加入して現在のBBBになりました。
ダンスシーンにもラップシーンにも通用するグループは俺らしかいないと思ってるし、そこを俺らがやるべきなんじゃないかと思ってます。

ーこの時の印象を教えてください。

SHINSUKE:デビュー直後は、「メジャーアーティストとはどうあるべきか」と「自分達のやりたい事」の狭間で迷い、試行錯誤を繰り返していたのを覚えています。
今までのダンサー目線では通用しない、そういう世界なんだという印象でした。

ー「NAKAMA PROJECT」を始動したきっかけは?

Toyotaka:全国で僕らを応援してくれている仲間達(ファン達)に会いに自分達から足を運んで会いに行きたいというメンバーの想いからスタートしました。
また武道館の夢を追いかける自分達と同じように、夢を追いかける中高生ダンス部の皆んなを応援したいという想いで、ワークショップもプロジェクトの大切な一部として始めました。
山形のダンススタジオMPFでも一生懸命ワークショップを受けるダンス部員の眼差しや、ミニライブではワンマンかと思う程の声援に胸が熱くなりました!

BBB_0232

BBB_0154

BBB_0352

ーレッスンで一番大切にしていることを教えてください。また、山形の印象はいかがでしたか?

akihic☆彡:レッスンで一番大切にしてる事は、まず音楽をしっかり聴く事です。
最近の子は踊りが上手くなりたい一心で音楽を聴く事を忘れてる子が多い気がするのでまず第一に音楽ありきだという事を常に伝えてます。
山形でワークショップさせて頂いた時もその事を伝えたんですが、素直に純粋に音楽とダンスを楽しんでた印象が残ってます!!

ーダンスで全国47都道府県をつなぐ「NAKAMA PROJECT」、12月13日に開催された「BBBオールスター感謝祭'16」を終えて、東京と地方で違い、特徴はありますか?

RYO:最初全国に行く前は、地方の子はシャイな子達が多いのかなぁと思ったりもしました。しかし実際に行ってみると本当に全国の皆が凄い熱量でぶつかってきてくれたので、そこに関して違いはなかったですね。
BBBは全員地方出身者で、まだ地元にいた頃に東京や大阪のダンサーの方が来てくださって物凄く興奮したことがあります。
今回逆に自分達が地方の皆と触れ合うことで、その当時のフレッシュな気持ちも蘇りましたね。非常に感慨深かったです。

ー2017年の活動について教えてください。

YASS:来年は今年得たものをしっかりと実らせるよう。活動していきます。
4月から仲間プロジェクト2も始まってくると思うので、しっかりとまた全国にマーキングしてきます!
俺らは地下が出身地なので、アンダーグラウンドでの活動もメインでやっています。
もちろんメジャーlikeな活動もしてますが、ただ仲良しこよし群れてるだけでわないので、どこにいても自分の核となる部分をしっかりと大事に、来年もまた活動します。
それがまた僕らにしかできない事の一つだと思います。

ー最後に、Beat Buddy Boiさんのプライベートに迫りたい!

ー好きな女性のタイプは?

SHINTARO:野生的で情熱的な女性。笑

ー最近ハマってることは?

Toyotaka:遊びでメンバーでフリースタイルラップに挑戦してます。あくまで遊びです(笑)
あるメンバーの誕生日を、全員ラップして楽曲を作って祝ったりしました。

ーもし、ダンサーになっていなかったら、どんな職業に就いていますか?

gash!:ダンサーじゃなかったら居酒屋とかバーをやっていたと思います。
基本的に人が好きでハッピー人間なので仲間が集まる楽しい空間を作りたいなって気持ちは今でもあります!

Beat Buddy Boi 全国47都道府県を駆け巡る
【NAKAMA PROJECT】開催決定!!

2nd single「B-BOIスクランブル/Firework」
8/3リリース!!