退屈をぶっとばせ!山形音楽総合サイト『ダズル』

DJ

Shin Shimokawa

PROFILE

1980年から18年間NYに滞在。
ベーシストとしてRamellezee(映画ワイルド・スタイル)をフィーチャーしたノーウェイヴバンド、Death Comet Crew(デス・コメット・クルー、以下DCC)に参加する。
またギターやプログラミング等にて数多くのプロジェクトに参加し映画サントラ制作等の活動も行う。
90年代にはミックス・マスター・モリス、ハーバート、マット・ブラック(コールド・カット)を招いてのマルチメディアイベント 『ネオテリック』(足利、新潟、タイ)にDJ/LIVEとして参加。
99年、グリーン・ベルベット、DBX等参加のレイブパーティICM(インディアナ、米)にてヘッドラインを務め、ドラムンベースのライブ演奏を行う。
2003年、20年ぶりに再結成したDCCのライブを、ニッテイング・ファクトリー(ニューヨーク)で行い好評を得る。
同年RamellezeeとDJ Kenseiのプロジェクトに参加。
05年、代官山UnitにてDCC初の来日ライブ(共演: Plastic Sex/中西俊夫、野宮真貴他)、翌年にフランスにて開催されたエレクトロ系の大規模音楽イベント『ヌイブランシャ』にてライブを行う。
現在は、吉祥寺Cheekyにてイベント『サイケトロニカ』開催、テクノ系のプロジェクトやダブ系ユニットのUri Duble Nation、DCCのスチュアート・アーガブライトとのインダストリアル・ユニット、Black Rain等多くの活動を行っている。

主な参加音楽アルバム

『At The Marble Bar』/Death Comet Crew(Beggars Banquet)『Don’t Step On Tiny』/She Never Blinks (Captain Trip) 『Colloquium』 V.A. /Carlos Peron、Martin Rev(Dark Star)『Black Rain1.0』『Nanarchy』(Fifth Colvmn) 『Anti NY』V.A. (Gomma) 『This Is What You Mede Me』Rammellzee (Tri Eight) 『This Is Rip Hop』Death Comet Crew (Troubleman Unlimited / Delic Records ) 『Number Pieces 2』V.A(Delic Records) 『Now I ‘m Just A Number』Black Rain (Blackest Ever Black)



映画サントラ参加作品

『マリリンとアインシュタイン』(監督:ニコラス・ローグ)『フラート』(監督:ハル・ハートレイ、出演:長瀬正敏他)『JM』(原作:(監督:ロバート・ロンゴ、出演:キアヌ・リーブス他)


Web:

PAST EVENTS

PARTY
ALLMIX

09/20 (Sat) @ Sandinista

“Side B” & Delic Records Presents “The extended” -

YAMAGATA